愛知県事務研ナレッジサイト愛知県公立小中学校事務職員研究会

ようこそ! 愛知県公立小中学校事務職員研究会のサイトへ

県内各事務研究会

 このサイトは愛知県内の市町村立小中特別支援学校に勤務する学校事務職員で組織する「愛知県公立 小中学校事務職員研究会」が公開・管理している情報サイトです。
 私たち学校事務職員は、明日を担う子どもたちの豊かな成長を願い、子ども達が安心して学び、安全に遊ぶことができ、楽しい思い出を作ることができる環境を提供したいと考えています。
 そして、保護者や地域の願いに応えることができる、開かれた学校づくりを進めたいと願っ ています。私たちは、学校にいる唯一の行政職員として円滑な学校経営を担い、学校からの情報 発信・収集を行いたいと思います。 -----[ ガイドライン ]

西三河公立小中学校事務職員研究会 豊田公立小中学校事務職員研究会 東三河公立小中学校事務職員研究会 知多公立小中学校事務職員研究会 名古屋市立小中特別支援学校事務研究協議会 愛日公立小中学校事務職員研究会 一宮市公立小中学校事務職員会 丹葉地区学校事務研究会 海部地区公立小中学校事務研究会

学校事務の仕事って? あい・学校スマイルプラン 第1期(PDF) 第2期(PDF)
スマイルプランリーフレット 第1期(PDF) 第2期(PDF)

お知らせ・事業関連レポート

 

大会テーマ

学校・家庭・地域、次代へつなぐ学校事務の創生
  ~みんなで接(つ)なぎ、育もう!子どもたちの未来(あす)~
期   日 平成30年11月8日(木)・9日(金)
会   場 名古屋文理大学文化フォーラム(稲沢市民会館)他(予定)
PRチラシ PRチラシ(PDF)
ホームページ http://taikai.jpn.org/inazawa/  



平成29年12月5日(火)刈谷市産業振興センター

 去る12月5日、刈谷市産業振興センターにおいて、平成29年度市町村代表者会が開催されました。

 教育事務所次長などの来賓をはじめとして、校長や市町村教育委員会担当者など、学校事務職員に限らず多数の参加がありました。

はじめに、本会の近藤会長による挨拶の後、竹内副会長から今年度の県事研の活動と現状について報告がありました。

 その後、新潟市立亀田西小学校 事務主幹 佐野公則氏から「政令市への給与財源等の移譲による変化と学校教育法等の改正に対する新潟市の取組」と題して講演がありました。

 最後に、豊橋市教育委員会教育政策課 事務指導主事 風岡治氏から、「学校における働き方改革の動向」と題して、国の「学校における働き方改革特別部会」から出された中間まとめ(案)についての解説が行われました。



目   的 「アクション! 子どもたちの笑顔 つなげる明日へ」をテーマに、子どもたちや地域の人々の笑顔あふれる学校づくりを実現するため、新たな学校事務の創成と具体的な実践に向けて会員の資質向上を図り、学校教育に寄与する。
主   催 愛知県教育委員会
愛知県公立小中学校事務職員研究会
「あいちの教育」シンボルマーク
後   援 愛知県都市教育長協議会・愛知県町村教育長協議会
愛知県小中学校長会
愛知県小中学校PTA連絡協議会
全国公立小中学校事務職員研究会
期   日 平成29年11月10日(金)
会   場 蒲郡市民会館(全体会、第1・2分科会)
蒲郡商工会議所(第3分科会)
実践報告 名古屋市立小中特別支援学校事務研究協議会
 
創立60周年
  記念行事
第2期「あい・学校スマイルプラン」 報告・説明(事務局・研究開発部)
創立60周年記念シンポジウム
シンポジスト
   江南市立古知野南小学校 校長  高田 和明 氏
   豊橋市教育委員会 教育政策課 事務指導主事 風岡 治 氏
   愛知教育大学 教育学部 教育支援専門職養成課程 教育ガバナンス講座 教授 松原 信継 氏
 
分 科 会 第1分科会 Let's チーム学校! 協働を生かした学校づくりへのステップ(東三河支部)
第2分科会 研修トータルプランで「人財」を育てる 自ら学べる研修体系(研修企画部)
第3分科会 研究会活動と共同実施 みんなで考えよう、次のステップ(新城支部)
 
大会要項等 大会要項(PDF)
レポート 総合版

大会は終了しました。多数のご参加ありがとうございました。



平成29年8月25日(金)蒲郡市民会館

 平成29年8月25日(金)、蒲郡市民会館において、教育事務所次長・新城設楽支所長代理、県校長会役員のご参加のもと、学校事務情報交換会が開催されました。

 はじめに、「4月1日施行の法改正について」と題した基調説明がありました。田上研究開発部長から、今年度の学校教育法、同法施行規則、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(地教行法)の一部改正について、概要や改正を受けて学校事務職員に求められる役割、当面の課題についての説明がありました。

 続いてオリエンテーションとして、山敷事務局長から「校長・教頭等の負担が増加している状況にあって学校のマネジメント機能を十分に発揮するために、学校事務職員の職務を見直し、他の教員との業務分担及び連携を適切に行うことで、学校事務職員がより主体的・積極的に校務運営に参加することを目指す」との説明がありました。

 その後、教育事務所の方、県校長会役員、学校事務職員を交えたグループに分かれて、グループワークが行われました。「新たな組織体制の中で広がる学校事務職員の標準職務」をテーマにして、学校全体を俯瞰して業務分担表を作成し、その実現に向けた課題を検討しました。この作業を通じて、法律改正に関連して生じる課題を解決するためには何が必要か、また学校全体の業務改善のために何が必要か、そしてその中で学校事務職員が果たすべき役割は何か、意見交換が行われました。




全ての記事へ