研究研修部

研究研修部の活動について

研究研修部では、チーム学校の一員として学校経営に参画し、「つかさどる」職としての責務を果たすことのできる事務職員を目指すため、そして、総括事務長が「総括処理」する事務につなぐための研究を進めます。また、その実現に向けて資質向上や人材育成を目的とした研修会を実施します。

〈主な活動内容について〉

「チーム学校の推進者として学校事務を高度化するための取組」として、各市町・各会員が具体的な実行策へつなげていくための支援となる研究を進めます。
 

共同実施と「つかさどる」の視点を取り入れた事務職員構想図

次世代を担う事務職員の構想図を、共同実施と「つかさどる」の視点を取り入れた、新しい事務職員の構想図の作成を目指す。

共同実施モデル案の作成

県内外の実践事例を集約し、共同実施組織運営の参考となる「モデル案」を作成する。

職級別キャリア形成の研究

共同実施の取組を進める中で、それぞれの職級が果たすべき役割や、事務職員個人としてどのような能力を獲得し、成長していくのかを考える。

各市町の研究活動状況調査

西三地区における研究活動の情報共有を図る。

「次世代を担う学校事務職員の育成」のため、資質向上と学校事務職員として必要な知識習得を目的とした研修会の企画・運営を行います。

夏季研修会

学校事務職員として必要とされる法令や実務的な知識習得を目的とした研修(平成30年7月27日(金)開催予定)。

役員会等と連携し、学校事務研究会(平成31年1月23日(水)開催予定)の企画・運営を行います。
「西三J-net」を通して、「研修会のまとめ」「各市町の研究活動状況」等の情報提供を行います。