学校事務職員の仕事 >> 管財

 管財 


  (施設設備に関する事務)
 
 日常点検や、例月点検で施設設備の異常箇所や改善を要する箇所が発見された場合、児童生徒の安全を確保するとともに、教育活動に支障をきたさないように、予算の範囲内において補修を行います。必要に応じて教育委員会と折衝を行います。

 学校の施設設備を維持するために業者委託で点検などを行っています。業者との対応も行います。



  (物品に関する事務)

 物品に関しては発注・納品・支払に関する事務を行うとともに、物品が適正に管理されるように教職員とともに日常点検や年に一回、備品点検を行っています。破損が見つかった場合は、修理を依頼したり、廃棄手続きを行います。